イベントレポート・取材記事の文章作成講座 ①イベントに参加する場合

①イベントに参加する場合
 
イベントに参加する姿勢から文章記事を作成は始まっています。
 
【準備】
・音声レコーダー
・メモ
 
イベントレポートの場合は、思う存分自分がイベントを楽しめば、それ程濃い記事を書くことが出来ます。
また、イベントに参加する事が必至で、詳細まで記録出来ない場合もあるので、
印象に残ったところや、後でここは共有したいと思うところのみメモしておくと良いです。
 
 
【メモの取り方】
・イベントの最中に、自分にどんな話の内容、イベントコンテンツが響いたのか記録しておきます。
ここだけは共有したいと思うところだけでも記録します。
その場の自分の感情などをメモしておくことで、文章作成の際に作業が楽になります。
 
・レポート専門で参加する場合は、その場の雰囲気を全てメモする必要はなく、
発言者の言葉をメモしておくことをお勧めします。
ポイントは、全て箇条書きにして染むことです。
メモですので、その場では文章にする櫃余がないので、
一文ずつくらいを目安にメモするとよいでしょう。
 
 
【写真】
・記事には写真がつきものです。文字のみで訴えるよりも、
視覚的に訴える方が読者に対する効果は良いです。
より、印象に残りやすくなるため、イベント最中の写真を撮ることをお勧めします。
 
★以前SCUでは「写真素人がカメラマンに?プロに習うワンポイントアドバイス」という講座を開きました。参考にしてみて下さい!

①イベントに参加する場合
イベントに参加する姿勢から文章記事を作成は始まっています。
【準備】
・音声レコーダー
・メモ
イベントレポートの場合は、思う存分自分がイベントを楽しめば、それ程濃い記事を書くことが出来ます。
また、イベントに参加する事が必至で、詳細まで記録出来ない場合もあるので、
印象に残ったところや、後でここは共有したいと思うところのみメモしておくと良いです。
【メモの取り方】
・イベントの最中に、自分にどんな話の内容、イベントコンテンツが響いたのか記録しておきます。
ここだけは共有したいと思うところだけでも記録します。
その場の自分の感情などをメモしておくことで、文章作成の際に作業が楽になります。
・レポート専門で参加する場合は、その場の雰囲気を全てメモする必要はなく、
発言者の言葉をメモしておくことをお勧めします。
ポイントは、全て箇条書きにして染むことです。
メモですので、その場では文章にする櫃余がないので、
一文ずつくらいを目安にメモするとよいでしょう。
【写真】
・記事には写真がつきものです。文字のみで訴えるよりも、
視覚的に訴える方が読者に対する効果は良いです。
より、印象に残りやすくなるため、イベント最中の写真を撮ることをお勧めします。
★以前SCUでは「写真素人がカメラマンに?プロに習うワンポイントアドバイス」という講座を開きました。参考にしてみて下さい!

Comments are closed.

更新情報をチェック