【第1回営業大学】 大学生のための営業という仕事の基礎

【第1回営業大学】 大学生のための営業という仕事の基礎

2010年9月25日(日)に株式会社エムワープにて、第1回営業大学が開催されました。

本日の営業大学は、大学生のための営業という仕事の基礎をテーマに講師の森戸裕一さんをお招きし、
学生向けの営業を学ぶ講座を開催しました。

-講師紹介-
森戸 裕一(モリト ユウイチ)
ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役
一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 代表理事
経営戦略に則した情報化戦略立案、人が育つ組織づくりなどのテーマで
全国47都道府県1000回以上の企業経営者向けセミナーの講師実績を持つ。
大手企業の販売戦略立案などの支援を行いながら、ベンチャー企業支援、
若手営業担当者、学生営業マンの育成支援も本格的に開始している。
<専門分野 >
営業人材育成(ソリューション営業、営業組織構築)
戦略的企業情報化戦略(ERP、SFA、CRM、ナレッジマネジメント)
インターネット活用技術(Webマーケティング、セキュリティ)
インターネットを活用した教育システム構築(e-Learning)
今回の講座では、営業に行く前に必要な心構えやそもそも営業とは何かを学びました。
まず、営業とは…
人を動かすことができる(人に信用してもらう)
相手にどのような価値が提供できるのか。
信頼がないと人は集まりません。
では、人に信頼されるために必要なこととはなんでしょうか?
そのひとつとして、facebookというツールがあります。
自分より能力のある人とフレンドになることで、自分のブランディングにつながる。
自分の目標達成・夢の実現のために会えない人、身近の人ではない人とフレンドになること。
これまでできなかったことができる時代だからこそ、
今に常識を破壊し目的に身を置くことができる。
そして、セルフブランディングの戦略を考えていくことが大事であり
ワークバランスでも制度を変えることもできる。自分が必要とされていれば
出産しても会社を辞めてないでほしいと思わせることもできる。
今の環境をかえずに周りを変えることができる。
今回の講座では、営業を行う前に必要なことは営業という仕事を理解し、
また自分をどう見せるのか、目標にどう近づくのかを学びました。
次回の営業大学は、2011月10月25日に開催予定です。

Leave a Reply

更新情報をチェック