【第3回スマホアプリHandsOn】 Windows Phone 7 アプリ開発入門

今回は、Windows Phone 7のアプリ開発を行いました!2011年12月18日(日)マイクロソフト品川本社にて、第3回スマホアプリHandsOnが開催されました。

本日のスマホアプリHandsOnは、Windows Phone 7 アプリ開発入門講座で講師に、日本マイクロソフト株式会社のアーキテクトエバンジェリストの高橋忍、デベロッパーエバンジェリストの大西彰さんをお招きしました。

本日の講座は、Windows Phone 7 アプリ開発を目的とし、Windows Phone SDKを用いてTwitterアプリの開発を行いました。

 

まずは大西さんにより、Windows Phone SDKを用いて簡単にアプリを作成する方法を教えていただきました。今回の講座では、FMラジオを聴けるアプリと、自分のTwitterアカウントをタイムラインで表示するアプリを作成しました。

参加者からは、「FMラジオ機能を4行で書くことができる簡潔さに驚きました。」という感想をいただきました。

★学生向けお得情報!

マイクロソフトではDreamSparkにてソフトウェア開発製品やアプリケーション製品などを無償で提供しています。この機会に利用してきてください! DreamSparkはこちら

 

スマホアプリHandsOnでは、講師の方が直接学生に指導し、質問したい事も直接聞けるので、参加者は疑問に思ったことなど質問していました!

 

 

次に、高橋さんにより、Expression Blendを用いて、まずはUIデザインを作り、その後少しだけプログラミングを行ってアプリを開発する方法を学びました。高橋さんが、あの有名なごみをゴミ箱に捨てるアプリを例にだし、背景やゴミの画像を配置し、そのごプログラムを少したくだけで、あのゲームが再現でき、参加者はとても感心ていました。

 

最後に、この講座全体をとおして、”こんなに簡単にアプリ開発ができるんだ!”といった声を参加者よりいただきました。この講座をきっかけに、Windows Phone 7のアプリ開発にチャレンジしてみてください! 

次回、スマホアプリHandsOnは2月開催を予定しています。皆様のご参加お待ちしています!

講座の情報等は、SCUのFacebookページで発信しています→こちら