【第1回企画力養成講座】 社会に有用な価値創造の方法

【第1回企画力養成講座】 社会に有用な価値創造の方法

20111112日(土)に株式会社ブレーンセンターにて、第1回企画力養成講座が開催されました。

今回の企画力養成講座は、社会に有用な価値創造の方法をテーマに講師の中村佳正さんとゲスト2名をお招きし、ワークショップを通して企画力について学びました。

ブレーンセンター株式会社 東京企画本部    取締役    中村佳正さん

                                          取締役 平石隆生さん

‐講師プロフィール‐

1979年設立の出版社。
一般図書出版事業も継続しながらCC(コーポレートコミュニケーション)支援事業で成長。
日本を代表する企業からベンチャー企業まで全業種にわたるクライアントを有し、PR、CSR、IR、SPなどのジャンルで、コンサルティングにとどまらず、コンテンツの企画制作からプロモーション支援まで引きうける総合プロデュースを強みにしている。

 

日本貿易復興機構(JETRO                                               山本直美さん     

‐講師プロフィール‐

日本貿易振興機構(JETRO)でBOPビジネスを企画し、実践中。
大学卒業後、ノンバンク会社、外国政府機関勤務、
外国大手金融機関のマーケティング・プロジェクト責任者経て現職に。

 

今回の講座は、第1回ということもあり社会に有用な価値創造の方法を目的とし、講義やグループワークを通して企画をする上で何が必要なのか、どのようなプロセスで進めていくのかを教えて頂きました。

最初にお話し頂いたのは、日本貿易復興機構(JETRO)山本直美さんです。

企画の流れとして、Designing Planning Implementation , and Constant vigilance を踏むそうです。この流れをもとにMilestoneを作成していきます。流れを決めることで、その企画に必要なものや時期的にいつまでにどの作業を終わらしておくべきなのか等の中期的ゴール、見直しする点が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、お話し頂いたのはブレーンセンター株式会社 東京企画本部    取締役    中村佳正さんです。

企画を進めていく上で、Communication=理解×相手が重要となってきます。相手との違いを埋めていくということは、自身の実力証明すること、感情を出さないことそして諦めないことが必要だそうです。

また仕事で扱った内容をもとに、Planning Sheetを使いながら参加者たちとワークショップを行いました。

ワークショップを通して、参加者の親睦も深まりました。

また、最後に講師の方々と参加者側が自身の企画について意見を求める等とても良い場となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、この企画力養成講座を通して参加者自身が企画の進め方や相手先との関係の構築等の気づきを得る場になったと思っております。

企画を進めるならば、まづはMilestoneから!

 

次回の企画力養成講座は2月の開催予定です。告知が始まった際は、ご確認よろしくお願いします!

Leave a Reply

更新情報をチェック