学生団体Adiots


Adiots

10352601_407316709416858_6299964833553507731_n










▼団体紹介

 “英語の楽しさを伝え、言語の壁をなくしたい”

 ‐アプリで届ける英語の面白さ‐

Adiotsは ”英語の楽しさを伝え、言語の壁をなくしたい” という強い想いを持った福岡大学の学生が運営している団体です。 コアメンバー6人、TDD(技術開発部)4人の合計10人で活動しています。 コアメンバーはほとんど留学経験者で、TDDは電子情報学科の学生です。 Adiotsの目的は、英語の楽しさをAdiotsが作るアプリを通して伝えることです。

 English Appsにかける想い

メンバーの留学経験者は、それぞれ留学で様々な経験をしてきました。 外は、日本に居ては分からない世界が広がっています。 世界へ飛び出してみて、気づいたこともあります。 例えば、私達日本人には海外の文化どころか日本の文化が何なのか あまり考える機会がないということです。 しかし、私たちは海外へ行き、他の国々のことを知って初めて、じゃあ日本の文化とは、 日本とはいったいどんな国なのかと考えるきっかけを掴むことができました。 このような経験から、 Adiotsは日本人が海外へ出るメリットは大きいと考えています。 しかしながら日本人の留学行きを隔てている大きな壁があります。 それは「言語の壁」です。私達は英語の楽しさを伝えることによって、 その壁を壊したいのです。 そのために、現在EnglishとGameを掛け合わせたアプリを作成しています。

▼活動紹介

 English × Game

-English Rider-

Adiotsが現在、作成中のアプリは主に2つあります。 1つ目は「English Rider」というリスニングに特化したアプリです。 これは、ネイティブスピーカーが発する英語を聞き取り、語順を選択、 正解すればバイクがレース上を進んでいくというアプリです。 さらに、5問正解ごとにスピーカーのしゃべる速度が上昇、 解答時間も短くなっていきます。 スピード感あふれる商材でもあります。 こちらは今年2月以降にリリース予定です。

-疑似留学体験アプリ-

もう1つは疑似留学体験ができるアプリです。 こちらは現在プランニング中ですが、 このアプリを通し「留学とは何なのか」を体感できます。 また、英語の楽しさを実感していただくために 英語を使ったバトルシステムを搭載する予定です。 このアプリではさらに、”いつの間にか英語の勉強もできている!” という、まさにEnglishとGameを掛け合わせた商材です。 こちらは今現在製作のための資金が不足しており、 資金集めのためにクラウドファンディングやスポンサー探しを行う予定です。 Adiotsは週に2回ほどミーティングを行い、 プランニングや製作を行っています。

詳細

▼団体名:Adiots

▼代表者名:増田雅人

▼活動人数:10名

▼キャッチコピー:English Apps

▼FBページ:https://www.facebook.com/adiots.tdd?ref=aymt_homepage_panel

Comments are closed.

更新情報をチェック