唐津の空をドローンが飛んだ!!~「佐賀ドローン操縦体験会 in 唐津」開催レポート~

唐津の空をドローンが飛んだ!!~「佐賀ドローン操縦体験会 in 唐津」開催レポート~

こんにちは!
NPO法人学生ネットワークWANの米澤です。

先日8月27日(日)に唐津市で開催された、「佐賀ドローン操縦体験会 in 唐津」の様子についてレポートしていきます!
本イベントは、九州ドローン推進協会・唐津支部のキックオフイベントにもなっており、WANでも共催事業としてイベント企画・運営のサポートをさせていただきました。

(会場となった唐津ビジネスカレッジ)

九州ドローン推進協会・唐津支部始動!ドローンで唐津を盛り上げたい。

(九州ドローン推進協会のロゴ)

九州を中心に活動するドローン関連事業者が参画しており、ドローンに対する正しい理解を広く一般の人にも得てもらう為に活動している組織です。ドローンの安全な取り扱いや操縦方法に関する研修・セミナーの企画・運営等を行っています。
参照:《九州ドローン推進協会

そして今回、九州ドローン推進協会に唐津支部が発足する運びとなりました。ドローンを通して、地方創生の観点からも産業界に積極的に働きかけ、建設・測量、観光、コンテンツ制作などさまざまな分野での活用策を考え、新たな事業の創造による地域の活性化と雇用創出に貢献していきます。

運営元:有限会社クリエイティブヤマトたいようアウトドア―!唐津ビジネスカレッジ
唐津ビジネスカレッジお問合せ先:0955(77)1771

(唐津支部メンバーの方々の自己紹介)
(唐津支部発起人であるクリエイティブヤマトの江頭紘一氏)

「佐賀ドローン操縦体験会 in 唐津」の冒頭では、福岡や佐賀から駆け付けた九州ドローン推進協会メンバーと唐津支部メンバーの紹介も行われました!現在、唐津支部メンバーは、下記5名で構成されています。

・江頭 紘一氏 (有限会社クリエイティブヤマト)
・増本 圭介氏 (SUNJEL)
・古川 陽進氏 (たいようアウトドア―!)
・水竹 亦男氏 (水竹事務所)
・下木 祐二氏 (唐津ビジネスカレッジ)

(ドローンを使った測量実務を紹介する 唐津支部・水竹亦夫氏)

また、唐津支部の水竹さんによるドローンを活用した測量実務についてのプレゼンテーションも行われました!参加者の皆さんは、ドローンの可能性を身近な事例からも実感していらっしゃったように思います。

ドローンについて学ぶ勉強会は満員御礼!報道関係者も入るほど、注目度は高い!

唐津支部発足発表の後は、ドローンについて学ぶ勉強会を実施。

(進行を務める、WAN代表・田中沙織さん)

《勉強会のコンテンツ》
第1部【ドローン基礎編】そもそもドローンって何?
第2部【法律・ルール編】ドローンを飛ばすには?
第3部【自然科学編】ドローン操縦方法

(講師はビジップ株式会社有薗大志くん  九州大学4年生)

産業界への革新的な技術提供で今後飛躍的に市場を獲得していくことが予想されているドローンですが、近年では、どちらかというと墜落事故などの負の面が一挙にクローズアップされることも多いです。その結果、ドローンがもつ実用性・有用性が理解されないままに「ドローン=危ない」というイメージだけがひとり歩きしているような印象も受けます。今回の勉強会では、これから初めてドローンを操縦する方にとっても、安心して飛ばせるようなコンテンツが充実していました。

ドローンを使う場合、気を付けたい2大テーマは、「バッテリーの管理」「法律の遵守」

実は、ドローンのバッテリーは比較的発火しやすく、航空法や電波法などのドローンを送受する際に抵触しないよう気をつけておくべき法律もいくつかあります

(安全にバッテリーを管理する方法 講師からは詳しい説明が)

例えば、バッテリーの保管方法。

ドローンのバッテリーは過充電(充電が満タンの状態で充電し続けること)や過放電(バッテリー残量が0の状態で長期間放置すること)すると、バッテリー内にガスが発生し発火する恐れがあります。フル充電でも使い切った状態での放置もしてはいけません。長期間バッテリーを使用しない場合は、60%程度のバッテリー残量で保管する必要があります。

(勉強会は満員御礼で大盛況 会場には複数の報道関係者の姿も)

勉強会終了後には、参加者の皆さんからの質問も多く飛び交いました。
ドローンへの関心の高さがうかがえる一場面でした!

 

トイドローン操縦体験でドローンを飛ばす魅力に全員がハマる。

座学でドローンとは何か?について一通り学んだ後、勉強会第2部を始める前に実際にParrot MANBOというトイドローンを飛ばす体験が行われました。

(トイドローンが飛ぶ様子に皆さん笑顔)

操縦パネルと機体を目で追いながら、ドローンを自在に動かす楽しさに皆さん魅かれた様子でした。

(ドローンについて語る九州ドローン推進協会 白石弘宜氏 (一番右) )

(同時に行われた各種ドローン展示会)

 

女性も男性もドローンパイロット!?様々な機種のドローンが松浦河畔上空を飛ぶ!

そして唐津ビジネスカレッジ近くの松浦河畔公園に移動。トイドローンより格段に大きな、Inspire、Phantom、SparkやMavicといったドローンの操縦体験を行いました。

(上空のドローンにくぎ付け 安定感のある飛行)
(手の動きに反応して動くドローン!? 皆さん興味津々)
(操縦方法を丁寧に伝える九州ドローン推進協会の福島史也氏(左))

参加されていた方は年齢も性別も問わず、空を飛ぶドローンにくぎ付け。晴天の中、安定した飛行で皆さんドローン操縦を楽しんでいらっしゃいました。九州ドローン推進協会からはお二人がお見えになっており、安全なドローン飛行を参加者の皆さんに指導してくださいました!

最後はドローンを飛ばして空撮で集合写真をパシャリ。

(太陽に向かってどこまでも飛んでいきそうなドローンを全員で見つめる)

集合映像はこちら☞

終わりに

NPO法人学生ネットワークWANでは、ビジップ株式会社とともにJDx drone(ジェイドローン)という、「女子大生×ドローン」で女性やお子さんにドローンに楽しく触れてもらい、ドローンへの理解促進を目指した団体を運営しています。
小さなトイドローンを使ったお菓子釣り体験など、ドローンを使ったイベントに関心のある企業様・個人の方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください!

参照:《WANのドローン事業》
NPO法人学生ネットワークWANでは、地方創生活動の一環として、九州ドローン推進協会、ならびにビジップ株式会社と連携し、「ドローン操縦体験会」を全国各地で開催しています。WANが地域情報の発信を支援している全国16地域を中心に、ドローンの普及・啓蒙を目的とした活動を行っています。NPO法人学生ネットワークWANの協賛会員・企業様を募集しています。ご支援よろしくお願いいたします。

WANの協賛プランはこちらから

[過去のイベント実績]
佐賀県伊万里市、熊本県天草市、和歌山県白浜町、北海道美瑛町、福岡県糸島市などでドローン操縦体験会・勉強会を開催。

次回イベントはこちら

9月9日(土)佐賀県佐賀市にて「ドローンレースを通じてプログラミングを学ぼう!」を開催!

CATEGORY : WANログ