“行動”について

“行動”について


ダウンロード (1)





こんばんは。


本日は”行動”について、記載しようと思います。


よくメンバー間では、「〇〇しよう!」「次は◆◆しようね!」と常々と話しています。
普段生活していても、友達や知り合い、そして家族などと、
約束をすることが多いのではないかと思います。


口だけでいうのは簡単ですが、それを実際に
行動に移すのは口にすることよりも難しいですよね。


私は言葉を発するということは、『責任を伴うこと』だと考えています。


自分では軽く受け流すつもりで言った言葉だったとしても
それを受け取った相手は本気で受け取ったものだったかもしれない。
それを流されてしまったとき、相手は言葉を発した人に対しての
信頼が薄れていってしまうかもしれません。


だからこそ、自分の言葉を大切にしてくださいね。


といってもやはり行動に移すのは難しかったりします。
下の記事は、『行動イノベーション』(大平信孝/著)という本について書かれた記事です。


http://www.sinkan.jp/news/index_5031/1.html


この記事には、いわゆる「口だけ」で
終わってしまいがちな人の特徴が挙げられています。


目を通すと、行動することについて、考えさせられると思います。


本書によると「口だけ」で終わる人には、
以下のタイプに当てはまってしまうようです…。


■言い訳をする
■心配をする
■あきらめる
■学び足りない気がする
■アレもコレもやりたい
■すぐやめる
■本気を出せばできると思っている
■依存している
■人の目が気になる


夢や目標を語ることは気持ちを高める意味でも大切ですが、
それを実現するためにどんな行動をとるかが最重要キーになると思います。
「約束したことは守る」といった基本的なことから、
実現するコトを大きくしていってください^^

「ガクログ」を運営している学生ネットワークWANの応援お願い致します!
=>http://gooddo.jp/gd/group/networkwan/