【ミライロしごと図鑑】株式会社グッドラックスリー

次世代を担う学生が、福岡という枠組みに囚われずに面白い取り組みに挑戦する企業を取材し、福岡商工会議所の会報誌「福岡商工会議所NEWS」の記事を作成する企画「ミライロしごと図鑑」。

本メディアでは会報誌にはおさまらなかった写真、インタビューを通して学生が得た気づきを紹介します。

5回目となる今回(会報誌8月号)は、株式会社グッドラックスリーさんを取材しました!

今月の取材先:株式会社グッドラックスリーとは?

スマートフォンゲームや、ブロックチェーンプロダクトの企画・開発・運営を主軸に、音楽・映像事業も展開。累計400万DLを突破した「さわって!ぐでたま」シリーズや、日本初のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を生み出した。映像芸能事業ではドラマ「人生のメソッド」シリーズが 福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞2017にて優秀賞を受賞。

今回取材に協力して頂いた方)株式会社グッドラックスリー 代表取締役社長 井上 和久さん

 

学生インタビュアーの感想

WANメンバー園田映美音さん(九州大学1年生)

私は今回初めてミライロ仕事図鑑の取材に参加しましたが、社長さんから直接お話を伺うという経験は私にとって大きな刺激となりました。
最も印象に残ったのは、井上社長の仕事に向き合う姿勢です。社長ご自身が社員とともに常に仕事を楽しみつつ、当たり前のことを積み重ねていくことで、より品質の高いコンテンツを実現することができるのだそうです。「当たり前のことを積み重ねていくこと」は、誰でもできそうでなかなか出来ないことです。しかし今回の取材を通して、井上社長は将来を見据えて事業戦略を立てたり、ご自身の長所・短所を見つめなおすなど、一つ一つの行動や物事の動向を客観的かつ確実にとらえていらっしゃると感じました。私自身これから様々なことに挑戦したいと考えていましたが、その前にまずは「当たり前のことを当たり前にできる」ことを第1の目標として、行動を起こしていきたいと思います。

(取材の様子①)

(取材の様子②)

井上社長、ありがとうございました!

▼会報誌の記事も読みたい方はこちらから
http://www.fukunet.or.jp/about/news

▼「私もインタビューに挑戦したい」そんな学生はこちらから!
https://peraichi.com/landing_pages/view/wanstaff

 

CATEGORY : 受信ログ