【ミライロ仕事図鑑】イデアパートナーズ株式会社

「福岡商工会議所NEWS(福岡商工会議所会報誌)」のコンテンツ「ミライロしごと図鑑」では、
“次世代学生が成長企業を取材し、自分が将来活躍するフィールドを探しにいく”
をテーマに、「福岡」という枠組みに囚われず、面白い取り組みに挑戦する企業の社長を紹介しています。

私たちNPO法人学生ネットワークWANは、この「ミライロしごと図鑑」の取材・記事執筆を担当しており、本メディアでは、会報誌にはおさまらなかった写真と、インタビューを通して学生が得た気づきを紹介します!

第11回目となる今回(会報誌2月号)は、イデアパートナーズ株式会社の代表取締役 井手修身さんを取材しました!

今月の取材先:イデアパートナーズ株式会社って?

今回取材に伺ったイデアパートナーズ株式会社の事業内容は、
1.集客・交流サービス
2.特産品開発・販路拡大
3.施設の再生・立ち上げ
4.人材育成・組織活性
です。
イデアパートナーズ株式会社 HPより。)

代表取締役の井手さんは、どうせなら、東京ではなく福岡にあって、九州をフィールドにする企業にしよう、と創業されたそうです。

オフィスには、たくさんのポスターやチラシが!
体験バスチケットや、バルウォークなど、街で見覚えのあるものばかり!
イデアパートナーズさんが、どれほど私たちの街を盛り上げてくれているのか、ということがわかります。

 

 

お話を伺ったのは、イデアパートナーズ株式会社 代表取締役 井手修身さんです!

井手修身さん
イデアパートナーズ株式会社 代表取締役  NPO法人イデア九州・アジア 理事長
観光・まちづくりの総合プロデューサー、イノベーションを起こす「地域活性化の伝道師」

「井手さんのことをもっと知りたい!」という方はこちら

 

学生インタビュアーより。

ここからは、井手さんのインタビューを通して学生が得た気づきを紹介します。

 

WANコアメンバー 髙田 理世 (西南学院大学 2年)

私は、今回の取材を、本当に楽しみにしていました。なぜなら私の目標は、「自分の大好きな町に貢献できる人材となること」だからです。

まず、井手さんがされているお仕事で最も印象に残ったのは、最近力を入れ始めているという、外国人移住者の受け入れ事業です。日本はどんどん人口が減っていて、あと何十年かすると国として機能できなくなる、と言われています。しかし私たち国民はいまだにその自覚がとても薄く、どこか外国人移住に対して抵抗する雰囲気があります。国外からの人の流れがない限り、日本は機能しなくなるというのにも関わらず、その体制が整っていないのです。異国から移り住んだ人が日本で生活しやすい環境を作っていくには、制度面でも精神的ケアの面でも、見直すべき事はまだまだたくさんあります。しかし、それは私たちが大好きな日本という国に住み続けるためにも不可欠なことです。私たち一人一人が、協力して取り組んでいかないといけないことだと強く感じました。

井手さんのお話を聞いていると、仕事に抱いていらっしゃる想いが本当に熱いということが伝わってきました。なぜそれほどに熱いのかというと、井手さん自身がしていて楽しいと感じることを仕事にしていらっしゃるからです。井手さんは、その「自分が一番楽しいと感じること」を、大学生時代の部活を通して見つけたとおっしゃっていました。一生懸命勉強して入った大学であっても、実際に入ってみると自分のしたいことではなかったと感じている学生は多いと思います。でも、大学は義務教育ではありません。自分の大学生活を退屈だと感じているならば、単位を取る為だけに時間を費やすのではなく、大学の勉強以外のことに本気で取り組むべきだ、と強く感じました。受験時代に染みついてしまった、辛いことを我慢して続けなければならないという観念を捨て、辛いことがあっても乗り越えていけるくらい、「好き」「楽しい」と言えるものを見つけていきたいなと思いました。

また、井手さんの元で働いている社員の方々を、とてもかっこいいと感じました。それは、井手さんが心から社員を信頼されており、社員の方々は、自分で仕事を作り出していらっしゃるからです。偶然、大学の先輩がいらっしゃったのですが、なんと、イデアパートナーズ初の新卒採用だったのです。それまで井手さんは新卒採用をするつもりはなかったそうですが、とても熱い想いを持っていることに期待し採用を決めたそうです。入社してまだ数年しか経っていないのに、既に先輩社員の方々と同様、自分で仕事を作り、大活躍されているのだそう。大手企業ばかりに目がいきがちですが、就活サイトに掲載していない企業は沢山あります。企業を探す前に、まず、自分がどんな風に働きたいのか、働くということを自分の人生でどう位置付けたいのかを、しっかり考えていきたいなと感じました。

WANコアメンバー 川井田 健斗 (西南学院大学 2年)

今回はカメラマンとして取材に同行しましたが、改めて考えてみると、普段関わることのできない「社長」という立場の方のお話を聞くことができ、本当に貴重な体験となりました。

その話の中で、最も印象に残ったのは、「観光の街」づくりについてのお話です。井手さんは地域の資源を活用して、地域に根付いた活動を行うプラットフォームを作る仕事をしているとおっしゃっていました。例えば、その地で有名なものと、その他の地方の観光地が組む「場」を提供することで、「九州」全体を盛り上げていく。こういった仕組みによって、地域はどんどん活性化されていくということがわかりました。

最近私は、大学の国際交流を推進する団体で活動を始めました。そこでは、英語を話したいけれど話す機会がないという人のために「場」を提供しています。最近徐々に国際交流に挑戦する人が増えていると感じます。これは、井手さんのお話しされていた「プラットフォーム」作りに通じるものがあると思います。私も井手さんのように、「場」を提供し、あとは本人達に主体性を持たせていく、という仕組みを、これから構想していきたいと思います。

取材の様子

ここでは、会報誌にはおさまらなかった写真をご紹介します!

最後に。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!
井手さん、本当に、ありがとうございました!!!!

 

会報誌の記事も読みたい方はこちらから

「私もインタビューに挑戦したい!」そんな学生はこちらから