Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/npowan/www/www_gakulog/wp-includes/post-template.php on line 284

【ミライロしごと図鑑】株式会社グランドビジョン

次世代を担う学生が福岡という枠組みに囚われずに面白い取り組みに挑戦する企業を取材し、福岡商工会議所の会報誌の記事を作成する企画「ミライロしごと図鑑」

本メディアでは会報誌にはおさまらなかった写真、学生向けのキャリアや働き方についての話をご覧頂けます。

2回目となる今回(会報誌5月号)は、株式会社グランドビジョンさんを取材しました!

今月の取材先:株式会社 グランドビジョンとは?

事業プロデュースによるコンサルを主軸に、企業や商品のブランディング、採用プロデュース、webマーケティング、映像制作、コールセンターなどさまざまな角度から、クライアントの事業成長を支援する、福岡のみならず東京、関西エリアの企業も手掛けるベンチャー企業。
加えて、「福岡の歴史や文化に触れる」をテーマに、エンターテインメントを発信するイベント「空海劇場」の企画など自社プロジェクトを積極的に行っている。

今回取材に協力して頂いた方)株式会社グランドビジョン
代表取締役社長兼プロデューサー 中尾賢一郎さん

本質的な課題解決のために、相手の課題が何なのか、いかにその本質を見出すか、見出せるかが大事。

長いこと広告業界に携わってきた中尾さんですが、どのような想いを持って仕事をしているのでしょうか。

はじめはコピーライターやCM撮影のアシスタントからスタートし、入社した電通九州ではプランナー、プロデューサーを経て、かれこれ広告業界は20年以上になります。大きい組織を経験し業界の移り行く様も見てきてしました。そこでふと考えたこと、それは、広告が好きでずっと広告に携わってきましたが、果たして、私は何のためにやってるのだろう、ということ。それに対して出た答えは、「お客様の笑顔の為」です。例えば、ケーキ屋さんだとすると、ケーキには、希少生産のものもあれば、大量生産のものもありますよね。大量生産の場合、どれだけ売り、作るかが目的になりがちです。確かにビジネスだから利益を生もうとするのは当たり前ではありますが。また、お客様によってはケーキでなく、実はクッキーを欲している、という方もいるかもしれません。

今では、スマートフォンに多くの広告手段が存在するように、広告1つといえど様々なサービスがある時代です。ですから、お客様が自社の商品を売りたいというニーズに対して、必ずしも同業種や過去実績と同じ方法である必要はないですし、私は広告を売っている、というわけではありません。

グランドビジョンには「21世紀に最も必要とされる真のパートナー企業へ」というビジョンがあります。変わりゆく時代の中で、パートナーのあり方を追及したいのです。真のパートナーでありたいのなら、本質的な課題解決をするべきで、相手の課題が何なのか、いかにしてその本質を見出すか、見出せるのか、を常々考えています。広告しかしない会社には広告しかお願いしないですよね。だから私はクライアントの事業発展や課題解決のために、代理業に加えて、事業プロデュース業を行ってきました。そうすると相談内容も多岐にわたり、本質的な課題解決に近づきます。 HPの内容を変えるとか、人事担当のオペレーションを変えるとか、組織体制を変えるとか、必要であれば、そこで広告もご提案もさせていただきます。

1%の才能と99%の努力。

スキルを磨くこと以上に、一人ひとり違う得意分野や魅力をどう磨くか、いかに人間力があるかが大事だと言われていましたね。

一言で言うと、愛される人、人気者である方は魅力的です。昔は仕事さえできれば性格の良し悪しは問題ないと思っていましたが、素直で前向きな人はみんなから好かれるだけでなく持続的にいい仕事をすると感じます。一方で不満や愚痴ばかりの素直でない人はあまり持続性がないような気がします。働いてきた中で私がたどり着いた一つの結論は、「スキルと人柄を選ぶとしたら、絶対に人柄である」ということです。誰かを大切にすること、一人一人のよいところや才能を見ることを心掛けるべきだと思います。それこそ才能というのは誰しも一つあるんです。足がやたら速いとか 絶対音感であるとか暗記力があるとか。では私にはどんな才能があるのかというと、アイデア力と企画力だと思います。例えば、野球選手のイチローがあれほど有名になって名声もあり、お金もあるにも関わらず野球を続けるのは、野球が好きだからで、幸せを感じているからだと思います。私の場合、自分の好きな企画ができて才能が生かせる、プロとしてできることに幸せを感じているからこそ、ずっと続けていられます。

人ぞれぞれ才能はあるけれど、その才能は1%で、その1% の才能を開花するには、99%の努力が必要だと思っています。20代の頃は仕事をしていてそれなりに楽しいと感じていたし、がむしゃらに努力もしていました。しかし、ビジネス環境が変わっていく中で、 勢いだけではだめで、もっと勉強しなければいけない、と気づかされました。様々な重圧に プレッシャーを感じ、言われたことをその通りやるだけの方が 楽かなと思うこともあり、自信を失いかけたこともありますが、 追い込まれても、1%でも自分を信じることができたため、結果的に成長でき、今につながっていると思います。あの時辛かったことも、そのおかげで才能が開花し今があるんだと、今ではとても感謝しています。

好きなものだけに触れるだけじゃ感性は育たない。

自社プロジェクトで「空海劇場」の企画を続けられていますね。

3 回目までは赤字だったのですが、それでも続けてきたのは、使命感から。例えば伝統芸能って、国境を越えた素晴らしい 観光資源であるにもかかわらず、意外と日本人は知らないと思います。歴史についても、福岡には空海が最初に建てたお寺があるけれど、どれほどの人が知っているでしょう。空海はそれこそマルチな人で私はイノベーターととらえています。うどんやひらがなも、難しい経典をアートにした曼荼羅も、空海が日本に伝えたといわれていて現在も残っています。今消えずに残っているモノは、意味があって必要だから残っているわけで、だからこそ、新しいものに飛びつくだけではなく、古くから伝わるものに触れて感じるのも いいんじゃないかと思います。好きなものだけに触れるだけじゃ感性は育たないと思います。そういう意味も込めて、空海劇場はできるだけたくさんの若い人にも見てほしいと願っています。歴史や文化、伝統芸能を難しく捉えず、まずは見て、何かを感じて欲しい。そして、興味、好奇心をもって欲しいと思っています。私もですが、グランドビジョンは好奇心旺盛な人が多く、イベントにもスタッフとして社員も積極的に関わっています。

もし好奇心を養うならば、まずは心をニュートラルな状態にすること。つまり、好きとか嫌いとか、この仕事は向いてるとか向いてないとか、決めつけずにまずはチャレンジすることが大事だと思います。端から知識がないと思い悩む必要はありませんよ。そして、まずは身近な尊敬できる先輩から何かを学ぼうとか、色んな人の良い所(長所)を発見してく中で、色々な気づきを得ることで成長できると思います。

毎日の選択を自分の軸で決めること。

また、たくさん経験を積んでいたり、年齢が上だからといって、偉いとは限りません。むしろ社会人も学生も、正社員も、パートさんも、同じ立場だと思っています。私は皆さんが育ってきた環境を経験していないわけですから。人間は選択をして歩んでいきます。今、あなたがこの活動をしているのは参加したいと思って、選択した結果ですよね。人との出会いも同じですよ。すべて自分で選んでいるのです。ここで、考えてほしいのは就活とか結婚、転職のような大きな決断は自分にとって何が1番正しい選択なのか、です。とはいえ、そのような決断は数年に1度くらいしかありませんよね。だからこそ、普段過ごす毎日の中で自分の軸で決める力を養っておいてください。いつその瞬間が訪れるか分からないわけですから。

以前私は、部署の枠を超えて仕事をしたことがありました。クライアントにとって価格を抑えつつ、発信力も大きくするには、別の部署と手を組むほうが有効だと感じたからです。もちろん私には直接的なメリットはありませんでした。上司は私に「変わっている」と言いました。しかし、今の仕事では「当たり前」のことなのです。

例えば、「なぜこれをしているのか」、「なぜこれじゃだめなのか」と疑問を抱くことがあるとします。それに対し、どこかで「決められたことだから」「すべきことだから」と思いとどまったままになっていませんか。興味があるなら、チャレンジしましょう。

よくメディアに出演する起業家や教授の多くは、何か1つを探究し続けています。彼らは1つの軸からさらなる関心を広げることができました。私の今の事業があるのは、マーケティングの軸があってこそなのです。

中尾社長は真のパートナーを探求し続けたからこそ、今があるのですね。
自分の中の「できない」、「苦手」にレッテル貼らないことが、運命的な出会いや成長をもたらしたのだと感じました。
中尾社長ありがとうございました!

会報誌の記事も読みたい方はこちらから

「私もインタビューに挑戦したい」そんな学生はこちらから!